2010年03月18日

陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見−林原自然科学博物館(時事通信)

 モンゴル・ゴビ砂漠の白亜紀後期(7500万〜7000万年前)の地層から出土した鳥の化石が、現在の鳥類の祖先に当たる新属新種であることが17日までに、林原自然科学博物館(岡山市)の調査で分かった。
 化石はすね(17センチ)や足の甲に当たる中足骨(12センチ)など、足のひざから先端にかけての部分骨格で、林原自然科学博物館とモンゴル科学アカデミー古生物学センターとの共同調査隊が1997年7月に発掘した。
 中足骨の特徴から、現生鳥類の祖先グループであるオルニチュウロモルファ類に分類されることが判明。また、第4中足骨が非常に短いことや、ひざの関節の形が特殊なことから新種の鳥化石であると分かり、「ホランダ・ルセリア」と命名。2月にオランダの国際学術雑誌「白亜紀研究」で紹介した。
 調査を行った林原生物化学研究所古生物学研究センター研究員の鈴木茂氏(56)によると、ホランダ・ルセリアは推定全長50センチ〜1メートル。非常に足が長く、飛ぶことはできるが、陸上を走り回り、地面に巣を作るタイプの鳥類の特徴を持っているという。
 白亜紀の鳥化石の多くは水辺の鳥で、陸上の鳥の発見はまだ6種類目。そのうち空も飛べて陸上で生活していたと推測される種の発見は初めてだという。鈴木氏は「現生鳥類へどうやって進化してきたか、過程を明らかにする重要な手掛かりとなる」としている。 

【関連ニュース】
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
【動画】恐竜2009〜砂漠の奇跡〜
特集・恐竜図鑑〜恐竜の起源、もっと古い?2億4千万年前の近縁新種化石発見〜
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり

<札幌ホーム火災>居間のストーブから洗濯物に引火か(毎日新聞)
<郵便不正転送>AKB48被害受け確認書でチェック(毎日新聞)
酒気帯び運転し警官に体当たり、2米兵逮捕(読売新聞)
歴代首相の招致要求をけん制=自民・大島氏(時事通信)
<三洋>佐野社長が報酬1割自主返上 洗濯乾燥機リコール(毎日新聞)
posted by セキタ タカオ at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。