2010年01月25日

<替え玉殺人>弁護側改めて無罪主張 大阪地裁で最終弁論(毎日新聞)

 遺産目当てに夫の加藤善一郎さん(当時77歳)と替え玉の男性2人を殺害したなどとして、殺人や詐欺罪などに問われた中国人で元スナック経営、尹麗娜(いん・りな)被告(54)の公判が21日、大阪地裁であった。弁護側は最終弁論で「替え玉殺人を計画しておらず、殺していない」と殺人について改めて無罪を主張。尹被告は約4時間半、「検察が証拠を捏造(ねつぞう)したでっちあげだ」などと意見陳述して結審した。判決は28日の予定。

 検察側は今月13日、「財産目当ての動機は身勝手」などとして死刑を求刑している。

 弁護側はこの日の最終弁論で「(被告に)多額の金員を必要とする事情はなく、殺害の動機がない。男性2人を加藤さん名義で入院させたのは、加藤さんの失跡を隠すためだった」と主張。加藤さんと替え玉とされる高木清さん(当時71歳)殺害について「起訴内容は殺害日時や方法が特定されていない」として公訴棄却を求めた。

 また高木さんについて「遺体の一部が入っていたリュックサックに被告の毛髪が入っていたことを殺害の根拠とする検察側主張は論理が飛躍している」と指摘。インスリンを与えず糖尿病を悪化させて殺害したとされる近藤晃さん(同69歳)についても「病死で、インスリンは自分で管理していると考えていた」と反論した。尹被告は遺産を詐取したとされる詐欺罪などの一部は認めている。【牧野宏美】

【関連ニュース】
3人殺害事件:中国人被告に死刑求刑 大阪地裁公判

岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む(時事通信)
「戦ってください」密談バラした首相の真意(産経新聞)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
【剛腕の威光】(3)小沢氏側近逮捕 「深沢銀行」 カネの力で権勢伸ばす(産経新聞)
雑記帳 松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
posted by セキタ タカオ at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。