2010年01月29日

原口氏、外国人参政権では地方の意見を聴く(産経新聞)

 原口一博総務相は22日の閣議後会見で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について、「地方そのものの問題なので、地方側の意見をよく聴いていきたい」と述べ、全国知事会など地方側の意見を踏まえ、法案作成を進める考えを示した。

【関連記事】
「『関係者によると』は不適」 原口総務相発言に広がる波紋
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
外国人参政権 赤松氏「『公約だ』は個人の約束」
全国議長会「参政権で地方意見聴くべき」
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同

NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
警察署職員へのパワハラ、都に165万支払い命令(読売新聞)
NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
早大の賠償減額 東京高裁「つくば市、過失大」 風力発電訴訟(産経新聞)
落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
posted by セキタ タカオ at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。