2010年06月15日

スイッチOTC候補19成分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月7日、日本薬学会が取りまとめた医療用医薬品として使用実績のある成分を一般用医薬品に転用する「スイッチOTC」の候補19成分を公表した。これらの成分については、日本医学会とその分科会108団体から意見を聞き、その後、転用が適当かどうかについて薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会で議論する。

 候補成分は次の通り(いずれも経口)。
 糖尿病治療薬ボグリボース▽糖尿病治療薬アカルボース▽高血圧症治療薬カプトプリル▽高血圧症治療薬エナラプリルマレイン酸塩▽高血圧症治療薬アラセプリル▽高血圧症治療薬デラプリル塩酸塩▽高血圧症治療薬シラザプリル水和物▽高血圧症治療薬リシノプリル水和物▽高血圧症治療薬ベナゼプリル塩酸塩▽高血圧症治療薬イミダプリル塩酸塩▽高血圧症治療薬テモカプリル塩酸塩▽高血圧症治療薬キナプリル塩酸塩▽高血圧症治療薬トランドラプリル▽高血圧症治療薬ペリンドプリルエルブミン▽高コレステロール血症治療薬コレスチミド▽消化管運動調整薬ドンペリドン▽抗アレルギー薬ベポタスチンベシル酸塩▽抗アレルギー薬オロパタジン塩酸塩▽抗アレルギー薬セチジリン塩酸塩


【関連記事】
昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗
ビタミンD3製剤2成分のスイッチOTC化を了承
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円
「スイッチ化の推進」などを今年の活動目標に―OTC医薬品協会
昨年の健康食品・サプリメント市場、4年ぶりに増加の見込み

亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
<雑記帳>落書きカメの捕獲失敗 山梨県職員ら(毎日新聞)
「殺される」と相談、警察が放置…淀川女性遺棄(読売新聞)
<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
posted by セキタ タカオ at 16:09| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

都城でも口蹄疫の疑い…畜産王国にショック(読売新聞)

 農林水産省は9日、宮崎県都城市の畜産農家で、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の疑いのある牛3頭が見つかったとして、同じ牛舎の計9頭を殺処分すると発表した。

 同市で見つかるのは初めて。同市は全国屈指の生産額を誇る「畜産王国」とされ、関係者は大きなショックを受けている。また、同市に隣接する鹿児島県でも感染が飛び火することを恐れ、警戒を強めている。

 同省によると、見つかったのは同市高崎町の牛農家。写真で確認したところ、3頭によだれや舌のただれなど口蹄疫特有の症状があった。このため、口蹄疫の疑いがあるとして、同じ牛舎内の9頭の殺処分に踏み切る。

 この農場では250頭の牛を飼育しており、農林水産省では10日朝にも出る予定の遺伝子検査の結果を待ち、陽性であればただちに全頭を殺処分するとともに、発生農場の半径10キロ圏を家畜の移動制限区域に、同10〜20キロ圏を搬出制限区域に指定する方針。

 同省によると、今回の口蹄疫で、川南町周辺の半径10キロ圏を除いて、写真だけで口蹄疫だと判断するのは初めて。

 都城市は2006年の肉の生産額は牛151億円、豚225億円でいずれも市町村別で全国トップの畜産地。市畜産課によると、市内では昨年2月現在、延べ2463戸が牛7万6585頭、豚39万8804頭を生産、肥育している。

 これまで口蹄疫の被害の中心地で県内有数の畜産密集地とされた川南(かわみなみ)町でも飼育頭数は豚約14万5000頭、牛1万5000頭に過ぎず、飼育頭数は同市の半分にも満たない。

 山田農相は9日夜、同省内で「明日1日かけてでも全部殺処分して埋めてくれと指示した」と述べた。口蹄疫を巡っては、4月20日に宮崎県都農町で最初の感染例が確認された後、爆発的に拡大していた。

需要不足、なお年25兆円=デフレ環境続く―1〜3月期(時事通信)
衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
立候補者全員当選へ努力…枝野幹事長会見(読売新聞)
<H2Aロケット>不明の相乗り衛星ハヤト「生きてた!」(毎日新聞)
回転すし店にワゴン車突っ込む…客13人搬送(読売新聞)
posted by セキタ タカオ at 13:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)

 社団法人日本記者クラブ(斎藤史郎理事長)の総会が28日、東京都内で開かれ、今年度の日本記者クラブ賞に選ばれた梅津時比古記者(61)に、賞状とプラチナ製メダルが贈られた。

 梅津記者はクラシック音楽担当。今回は、音楽の新しい聴き方を長年にわたりさまざまな形で読者に提示し、新聞の音楽評論の分野で斬新な世界を確立したことが高く評価された。音楽担当記者の同賞受賞は初。

 この日の贈賞式などで梅津記者は、「クラシック音楽の聴き方の多様性が認められてうれしい」と語った。

 ◇7月9日に梅津記者の受賞記念講演会

 梅津記者の受賞記念講演会が7月9日午後6時、東京都千代田区内幸町の日本記者クラブ10階ホールで開かれる。テーマは「音楽の新しい聴き方」。無料、200人(申し込み先着順)。希望者は住所、名前、年齢、参加人数、連絡先電話番号を記入し、往復はがきで〒100−0011東京都千代田区内幸町2の2の1、日本プレスセンター内日本記者クラブ事務局「クラブ賞受賞記念講演会」係へ。返信用はがきにあて先を記入すること。電子メールの場合はkinenkoen@jnpc.or.jpへ。

【関連ニュース】
日中韓首脳会談:3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ
生きる:心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会
目白シンラート:夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能
ベルリンフィル:指揮者の佐渡裕さん客演へ
ひと:大江馨さん 日中韓首脳会談でバイオリン演奏を披露

罷免「一切考えていない」=首相―普天間移設(時事通信)
留学生が元首相らと蒸し料理体験=大分県別府市〔地域〕(時事通信)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 (産経新聞)
タクシー火災 後部座席に男性遺体 身元確認急ぐ 神奈川(毎日新聞)
posted by セキタ タカオ at 03:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。